1. 30年のイオン導入実績
Method

30年のイオン導入実績

日本唯一 薬用エッセンス

アイリカが提供する導入液(エフィックスロイヤルエッセンス)は、 イオン導入専用エッセンスとしては、日本唯一の“薬用”エッセンスです。
30年以上、イオン導入を研究してきたアイリカが、結果と安全性を最高レベルで融合させた画期的なアイテムです。 真の美容をぜひ体感してみてください。

なぜイオン導入は素肌の奥に届くのか

「その場しのぎ」の化粧、本当にそれでよいのでしょうか

イオントフォレーゼ従来の化粧王では「美しく見せる」ということに終始しており「素肌を美しく」という女性本来の願いに応えることは、残念ながら出来ていませんでした。「その場しのぎ」なのです。例えば「乾燥して困る」という女性は保湿を目的に油分の多い化粧品を使用します。「しっとりして感触が良くなった」というのが一般的な答えです。本当にそれでよいのでしょうか。皆さんの肌には汗や油を出す機能があります。油分を多いものを使用し続ければ肌が甘えてしまい、そういった機能が低下していきます。剥がれないといけない角質も残りがちになります。肌機能の低下は、細胞の老化を促し、正常な状態ではなくなります。これが様々なトラブルを招くことに繋がっています。

イオン導入法により「肌本来の力」を蘇らせる

「美しくなるための化粧品」がいつのまにか「肌を老化させるための化粧品」になっているとも考えられます。塗るだけの化粧品には限界があるのです。
そこで私たちは「肌本来の力」を蘇らせることが、美しい素肌づくりの近道だと考えたのです。イオン導入法により、細胞を元気にし、新陳代謝のスピードアップをはかり、角質層より下層(バリアゾーン)への栄養導入を行うことにより「肌本来の力」を蘇らせることが可能となりました。「トラブル解決」は大切。でも「トラブル知らずの素肌づくり」が、最も大切と私たちは考えます。

イオン導入法により従来の方法では不可能な
皮膚下層部への導入が可能

イオン導入法の原理人間の身体には水分・油分を浸透させない機能(バリアゾーン)があります。化粧品はこの水分と油分で出来ているわけですから。当然栄養を送り込むことは不可能です。そこでこのイオン導入法がクローズアップされます。水槽に電解質溶液(食塩水と考えてください)を入れます。ここにプラス極とマイナス極の極板を入れて電機を流します。すると溶液はプラスイオン(カチオン)とマイナスイオン(アニオン)にわかれます。この作用を電気分解と言います。そしてこのプラスイオンはマイナス極の方へ動き、マイナスイオンはプラス極の方に動きます。この原理を応用しました。導入させたい成分を肌に塗布し、上から水分をしみこませんたコットン越しにマイナス極をおき、離れたところにプラス極をおき、通電させます。電気分解されたマイナスイオン(有効な栄養分)は電気の移動性(同極同士は反発し、異極同士は引き合う)によって従来の方法では不可能な皮膚下層部への導入が可能になりました。

世界初、イオンフォーカシングとは?

イオン導入法の弱点とされていたイオンの帯電(180秒ほどで、イオンが止まってしまう)を防ぎ、効率よく導入を続けることが出来るようになりました。また、成分の酸化を防ぐために、活性酸素の発生を抑制。
医薬部外品であるエフィックスの成分をピュアな状態で深層部へ送り込み、その効果を最大限に発揮させることが出来るようになりました。

従来のイオン導入のイメージ図
アイリカのイオンフォーカシングのイメージ図

特殊なメカニズムにより「かなづちでグイグイ送り込むように」深層部へアプローチしていきます。