油性原科

油性原科は化粧品の原科として広範囲に使われ、構成成分の占める割合が大きい。化粧品として用いられている油脂原料としては、天然資源がらの油脂、ロウ類を精製してそのまま用いるほか、加水分解、水添、高圧水素還元、エステル化などの工程を経てそれぞれ誘導体として用いる場合とがある。また、最近はケミカルの発達により合成品も数多くみられる。多くの油性原料は脂溶性であり、皮膚からの水分の蒸散を抑制したり、使用感を向上させるなどの働きをする。油性原料がどのような自的で使用されているかを列挙すると次のようになる。

●麦膚に対する保護作用、エモリエント効果、クレンジング作用などの機能を生かして、クリームや乳液の油性原科として使用し、また可溶化して化粧水に使用される。

●タルク、カオリン、有色顔科などの粉体原科に対する結合作用、分散作用を生かして、ファンデーション、おしろいなどのメイクアップ製品に使用される。

●硬度、成型性などの性質を生かして、口紅などスティック製品、アイシャドウなどの固形のメイクアップ製品に使用される。

●毛髪に対する保護作用、エモリエント効果、クレンジング作用などの機能を生かして、シャンプー、リンス、ヘアトリートメント製品などに使用される。

●整髪作用を生かして、ヘアオイル、へアクリーム、へアスタイリング製品に使用される。