▼アセチル化ラノリン(酢酸ラノリン)
▼イソステアリン酸イソセチル(イソステアリン酸ヘキシルデシル)
▼イソステアリン酸コレステリル
▼エルカ酸オクチルドデシル(EOD)
▼オクタン酸セチル(2−エチルヘキサン酸セチル)
▼オクタン酸セトステアリル(2−エチルヘキサン酸セトステアリル、イソオクタン酸セトステアリル)
▼オレイン酸オクチルドデシル
▼オレイン酸デシル
▼ジメチルオクタン酸ヘキシルデシル
▼ステアリン酸イソセチル(ステアリン酸ヘキシルデシル)
▼ステアリン酸コレステリル
▼ステアリン酸ブチル
▼長鎖−αヒドロキシ脂肪酸コレステリル(GLコレステリル)
▼トリミリスチン酸グリセリン
▼乳酸セチル
▼乳酸ミリスチル
▼パルミチン酸イソプロピル(IPP、イソプロピルパルミテート)
▼ヒドロキシステアリン酸コレステロール
▼ミリスチン酸イソトリデシル(MITD)
▼ミリスチン酸イソプロピル(lPM、イソプロピルミリステート)
▼ミリスチン酸オクチルドデシル(MOD)
▼ミリスチン酸ミリスチル
▼ラウリン酸ヘキシル
▼ラノリン脂肪酸イソプロビル
▼ラノリン脂肪酸コレステリル
▼リンゴ酸ジイソステアリル

エステル類
エステルは酸とアルコールとから脱水して得られる有機化合物である。酸としては脂肪酸、多塩基酸、ヒドロキシ酸などが、アルコールとしては低級アルコール高級アルコール、多価アルコールなどがあり、その組み合わせによるエステルは多数あるが、化粧品に使用される油性原科としてのエステルは比較的限られたものである。エステル類は、一般に化粧品の油相中に配合することにより、製品に油ぎった感じを少なくしたう、皮膚を保護し、また植物油と鉱物油のように混り合わない成分の混和剤としても用いられる。さらに、染科や香料をはじめ各種化粧品用添加剤の溶剤としても用いられるほか、増粘剤、可塑剤あるいは不透明化剤として広く用いられている。