無添加化粧品について

「無添加ってどういう意味?」

「無添加」っていう言葉が化粧品の説明においてさかんに飛びかっていますが、無添加ってどういう意味なんでしょうか?言葉通りで考えれば「何も加えていない」と考えられますが、何にも加えないって、「何」に加えないのでしょう?自然のものをそのまま使う?・・・ そんなことしたら酸化してしまう・・・腐ってしまう・・・雑菌だらけになってしまう・・・といろんなことが考えられます。 化粧品は厚生省で定められた成分によって作られます。ですから無添加ってことはありえません。基材(化粧品のベースになるもの)に成分を加えていって(添加して)化粧品は作られるのです。ということで無添加っていうのは誤り・・・ じゃあどうしてそんなことを化粧品会社はうたっているのでしょうか?


「表示指定成分が無添加」

広告をよく見てみてください。「表示指定成分は無添加」と書いてないですか?無添加化粧品とはこのことをさします。表示指定成分とは「化粧品に使用する場合、その成分名を商品に記載しなければならない成分」のことです。(詳しくは「表示指定成分」の項目を参照して下さい)一般的にはこの表示指定成分は「良くないイメージ」がありますので、「当社の化粧品は無添加です!!」という表現をするのです。ところが・・・


「パラベンは悪者?」

表示指定成分の代表的なものとしてパラベン(パラオキシ安息香酸エステル類)が有ります。ご存知の方もおられると思いますが、これは防腐剤として使われるものです。広範囲の微生物に有効で、サリチル酸や安息香酸に比べてはるかに毒性は低く、皮膚刺激や過敏症なども少ないとされています。表示指定成分となっているこのパラベンが何かと「悪者扱い」をされていますが、本当にそうなんでしょうか。パラベンは食品(醤油・果実ジュース・ソース等)にも使用されています。そして量の制限も設けてあり、化粧品に使用する場合全体の1%までの使用となっています。


「パラベンを使っていない化粧品は腐らないのでしょうか?」

たまに化粧品販売員さんの中に「うちの商品には防腐剤が入っていないのよ!!だから安心でしょう?」ということを平気でおっしゃる方がおられます。そこの化粧品には間違い無く防腐剤が入っていたのですが・・・どうしてそんな嘘をいうのでしょうか?恐らくこの販売員さんは本当にそう信じているのでしょう。(その可能性が高い)「防腐剤などの表示指定成分は一切使っていません」とその化粧品会社のチラシには記載されていました。どう思われますか?この表現だとほとんどの方は「防腐剤=入っていない」と思うでしょう!ここがポイントです。入っていないのは「表示指定成分」であって「防腐剤」は入っているのです。お分かりでしょうか?


「表示指定成分ではない防腐剤がある」

瓶に「パラベン」と書いていないとそれだけで「防腐剤が入っていない・・」と思われる方は世の中にたくさんおられます。実は表示指定成分ではない「防腐剤」があるのです。これであればパラベンよりたくさんの量を使っても、瓶に記載する必要がないのです。


「まずは品質の安定」

防腐剤が入っていないということは恐ろしいことです。腐ったものを肌に塗布するなんて女性にとって命取りです。化粧品にとって一番望まれることは「品質の安定」です。ですからパラベンを始めとする表示指定成分に目くじらを立てるのはナンセンスかも解りません。


今後も記事を掲載して行きます。何か疑問点・ご意見等がありましたらメールにてお知らせ下さい。 担当 清水